スポンサーリンク

記録的な大雨で日本各地で大きな被害がでていますが

もしも、自分が浸水被害にあったら・・・

ニュースなどでは土のうを積んで家に中に水が入ってこないように

浸水対策をしているところを目にしますが

土のう、って常備してます?

いまは土のうも非常にカンタン、便利になっていて

水にぬらすだけで土のうになるものまであるんですね。

 

 

土のうの代わりになる日常品とは

普通のご家庭では、土のうを常備している家庭はそんなにないのではないでしょうか。

しかし生活している中で土のうの代わりに浸水対策できるものって意外と多いんです。

もしもの時に、ぜひ覚えておいてください。

1、水のう

これはゴミ袋などに水を入れて土のうの代わりにできるものです。

2、プランターとレジャーシート

プランターにレジャーシートを巻くことで止水できます。

これ以外にも、浸水対策に使えるものは生活品の中にたくさんありますので

もしもの時に、一度シュミレーションしておくことは必要ですね。

国土交通省のHPを見ておこう

国土交通省では、「家庭で役立つ防災 抜粋版」を公開していて

家庭でできる被害軽減の工夫をまとめています。

大雨、洪水、ゲリラ豪雨

各自治体などが発行する『ハザードマップ』では、

自分の土地が浸水しやすい地域なのかどうかも知ることができます。

もう人事ではありませんよね。

テレビでおなじみ防災・危機管理アドバイザー山村さんが運営する防災サイトも

非常に参考になります→http://www.bo-sai.co.jp/index.html

 

スポンサーリンク
おすすめの記事