スポンサーリンク

2018年に入り早々にコインチェックがハッキング被害にあった

というニュースで大騒ぎになりましたね。

 

たしか被害総額は600億円近かったと思いますが

 

今度は仮想通貨取引所の「Zaif(ザイフ)」までもが

ハッキングにより仮想通貨67億円が消失したことを明らかにしました。

 

 

不正アクセスで流出した仮想通貨の内訳は

 

ビットコイン(BTC)

モナコイン(MONA)

ビットコインキャッシュ(BCH)

 

の3種類で合計67億円と発表されました。

このうち、顧客から預かっている仮想通貨は45億円、

ザイフの資産分は22億円といわれています。

 

コインチェックの1/10の規模とはいえ

もはや取引所に仮想通貨を預けること自体が危険ということ!

 

では一体どうすればいいのか

 

スポンサーリンク

仮想通貨の保管はハードウェアウォレットが安全

 

コインチェックの流出事件のときにも話題になりましたが

PCなどのデバイスに外付けのハードウェアを用いて保管する

 

ハードウェアウォレットが安全と言われています。

 

このハードウェアウォレットはアマゾンなどで簡単に手に入ります。

 

ハードウェアウォレットは色々な種類があって価格も様々ですが

その中でも人気があるのがTrezorというメーカーのハードウェアウォレットです。

 

価格は1万円程度でビットコインやイーサリアムを含む7種類の仮装通貨を保管できます。

 

スポンサーリンク

ハードウェアウォレットはセキュリティが強固

 

万が一、PCがウイルスに感染しても鍵がなければ送金することが不可能なので

ハードウェアウォレットのセキュリティは非常に強固と言えます。

 

スポンサーリンク

ハードウェアウォレットのデメリット

 

ハードウェアウォレットのデメリットとしては

ハードウェアの破損・紛失のリスクがあります、これは気をつければいいことですが

ウイルスなどでハッキングされる危険性もあるということは認識しておかなければいけません。

 

ただ、ここを除けばハードウェアウォレットは強固なセキュリティを持っていると言えるでしょう。

 

自分の仮想通貨が保管できるハードウェアウォレットを選ぼう

人気といわれるTrezorhaは

ビットコインイーサリアムを含む7種類の仮装通貨を保管できます。

 

 

ただ、Trezorhaはリップルの管理ができません。

このリップルが管理できるハードウェアウォレットが

 

Ledger Nano S (レジャー ナノS)はリップルも管理できるハードウェアウォレットです。

 

 

ハードウェアウォレットを購入する場合は

ご自信が管理している仮想通貨に対応しているのかを

必ず確認したほうがいいでしょう。

ハードウェアウォレットは新品を選ぼう

最後に、ハードウェアウォレットを手にする際の重要なポイントが

 

中古品は危険!!

 

ということを覚えておいて下さい。

 

メルカリやヤフオクで少しでも安く購入したい・・・

と、気持ちはわかりますがこれが危ないんです。

 

中古品や個人での取引の場合は盗難につながるリスクがあるので十分に注意したいですね。

 

仮想通貨取引所に預けていても、こんな被害にあってしまっては泣くに泣けませんね。

銀行と違ってまだまだ、安全レベルも低く、保障がないのが仮想通貨の世界みたいなので

自分の仮想通貨は自分で守る!ってことも真剣に考えなければいけないようです。

 

 

スポンサーリンク
関連キーワード
デジモノの関連記事
  • zaifもハッキング、仮想通貨を安全に保管ハードウェアウォレット
  • 北海道大地震、スマホもインターネットも使えないときは
  • 東芝テレビREGZA 故障修理から新品交換に応じてくれた
  • エアコンの取り付けは自分でできる、取り付け時間と費用
  • 池上彰が教えたい!で紹介「360度カメラInsta360」楽天が最安値
  • さくらサーバーのワードプレスをSSL化したトラブルを解決した方法
おすすめの記事
ペット
目次1 老犬のおむつ選びはアマゾンが便利で早い1.1 犬の寿命1.2 老犬の介護1.3 老犬介護おむつのおススメ 老犬のおむつ選びはアマゾン...