体を温める食べ物で冷え性を改善、時短簡単レシピを紹介!
スポンサーリンク

冬でなくとも

冬でなくても

「手先や足先が冷たくなる」、「いったん冷えてしまうと身体が温まりにくい」

などの症状を訴える女性は多いです。

その原因は、

  ストレスや不規則な生活で自律神経が乱れたり

きつい下着や服など、からだを締めつけてしまうと血行が悪くなります。

女性の場合、

男性に比べて筋肉が少ないことやストレスや更年期で女性ホルモンが乱れたりすることが

冷え性の原因になっていることもあります。

冷え性改善におすすめな食べ物

体を温める食べ物(冬が旬、寒冷地で育つ、地中で育つ、暖色系、水分が少ない、発酵食品)

・生姜
・ニンジン
・カボチャ
・タマネギ
・レンコン
・ゴボウ
・ジャガイモ
・自然薯

などの根菜で特に冬に良く食べられる食材は、
鉄分などのミネラルが豊富で血流を良くする成分も豊富です。

これらの野菜を温かい状態で食べると、さらに体を温めてくれます。

・納豆
・キムチ

などの発酵食品は胃腸の動きを活発にしてくれるので冷え性にも効果が期待できます。

また肉、魚、卵、豆類などのタンパク質は食事誘発性熱産生により体を温めてくれますが

過剰なタンパク質の摂取は、腎臓や肝臓・腸に負担をかけるため注意しましょう。

納豆・キムチなどの発酵食品も鍋やスープなど、温かいレシピでいただいてみましょう。

冷え性改善におすすめなスープと薬膳レシピ

薬膳は、体を健康な状態に保ちながら疾病の予防、治療、回復、老化防止をする食養生のこと。
スーパーなどで手軽に手に入る食物にも薬のような効果があると考えられているので
こんな簡単レシピで薬膳効果を感じてみてください。
・体を温める強壮・興奮作用がある牛肉を使ったスープ
体に必要な潤いや血を補い慢性の虚弱体質を改善させてくれる牡蠣と根菜を使ったスープ
など、身近なスーパーで手に入る食材でも簡単薬膳料理が作れます。

冷え性改善におすすめな調味料

冷え性の方は食べ物以外にも、調味料にも気を配ってみてください。

身体を温める調味料
粗塩、醤油、味噌、ハチミツ、植物油
などが、体を温める調味料といわれています。

身体を温めてくれる陽性植物とは

食材は体を温める『陽性食品』と体を冷やす『陰性食品』に分かれています。

冷え性の方は、陽と陰の食材を選びながら、出来る限り陽性の食べ物を食べるようして

冷え性対策に繋げて下さい。

 

身体を温めてくれる陽性植物とは

土の中で育つもの
じゃがいも、サツマイモ、長芋などのイモ類や人参など
寒い地域や季節にとれる食材
たとえば白菜などがそうですね。
暖色系の色をしているもの
こちらは唐辛子や赤カブなどがそうです。

冷え性改善におすすめな飲み物

麹を発酵させて作られた甘酒は体を温める作用が期待できます。
紅茶も茶葉を発酵させて作られているので体を温めてくれますし
カフェイン含有量が少ないほうじ茶は緑茶よりも冷え症の方におすすめの
飲み物といえます。
また発酵食品を使ったものとしては味噌汁、
ショウガはジンゲロールやショウガオールが含まれてい流ので
血行をよくして体を中から温めてくれます。
胃腸を刺激して活性化してくれ流ので冷え性に方にはオススメです。
普段の料理に食材を常に気を付けていれば、つらい冷え性の対策になるので
夏なのにからだが冷えていたりする人は、体を温めてくれる食べ物をしっかりとってみるといいですよ。

 

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事