アフターピルはSEX後でも安心?本当の効果と値段、入手方法は?
スポンサーリンク

72時間以内に服用すれば非常に高い確率で妊娠しない薬と話題になっているのが

アフターピル

性行為で避妊に失敗した場合に、緊急的に内服する緊急避妊薬のことで

「モーニングアフターピル」「アフターピル」とも呼ばれています。

アウターピルの効果

性交後、定められた時間内に正しく内服することで、

妊娠率を1.4~3.2%程度にまで低くすることが可能と言われています。

アフターピルの入手方法

この薬は処方箋をもらってからではないと処方してもらえませんので

まずは医師の診断を受ける必要があるということ。

そのため性行為で避妊に失敗した場合は、すぐに医師の診断を受けることが重要です。

アフターピルで避妊できる確率

性行為で避妊に失敗した場合、アフターピルが避妊の最終手段となりますが

このアフターピルの服用で避妊できる確率は

24 時間以内に服用した場合、約 99%
48 時間以内だと 98%
72 時間以内だと 97%

早く飲めば飲むほど避妊効果が大きいと言われています。

アフターピルの副作用

気をつけなければならないのは

アフターピルが女性の身体に大きな負担が強いられます。

一般的な副作用として

吐き気、頭痛、めまい、眠気、イライラ、むくみ

などの症状が報告されているようです。

アフターピルの値段

アフターピルは安くて 4,000 円~15,000 円が目安といわれていますが

安いアフターピルは効果が弱く副作用も強いという噂もあるので注意が必要です。

アフターピルは保険適用できない

アフターピルは病気の治療行為に当たらないので料金は自己負担になり

保険は適用されないようです。

万が一、性犯罪に巻き込まれた場合は

警察の相談窓口に相談することで警察が費用を負担してくれることもあるようです。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事