スポンサーリンク

銭湯の定番といえるフルーツ牛乳(明治フルーツ)

リンゴ、バレンシアオレンジ、パイナップル、洋ナシ、バナナ、レモンの

6種類のフルーツとミルクがベストバランスでミックスされた飲み物です。

実際には「牛乳」100%ではないので牛乳と呼ばないみたいですが

この名称でなじんだ方も多いのではないでしょうか。

その明治の瓶入り清涼飲料「明治フルーツ」が

2019年4月1日をもって生産終了と、発表されました。

風呂上がりのフルーツ牛乳が飲めなくなりますね(涙)

子供のころから、銭湯といえばフルーツ牛乳

風呂上がりにフルーツ牛乳を飲めるのを楽しみにしていましたし

実際、大人になった今でも温泉行ったりすると

懐かしくて、ついつい小銭を投入していますから・・・

代わりにペットボトルタイプの「フルーツ220ミリリットル」が

関東、中部、関西エリアで発売されるようですが、

風呂上がりは瓶に入ったフルーツ牛乳が定番だったんですが

もう飲めないんですね。

瓶入りのコーヒー牛乳は引き続き販売されるようなので

こちらを愛飲していくしかありませんが

どうか販売を継続していってもらいたいものです。

平成と共にフルーツ牛乳も消滅、なんか寂しいですね。

スポンサーリンク
おすすめの記事