スポンサーリンク

非通知の迷惑電話で困った時の対策方法

無言電話や不気味な非通知からの電話、本当に迷惑ですよね。

いったい誰が?なんの目的でかけてきているのか・・・

迷惑ですし、長期にわたって続くとこちらも精神的にまいってしまいます汗

我が家も数年にわたり迷惑電話に悩まされ続けてきましたが、

解決した方法と、いろいろと調べた中で対策法を見つけたので

同じような悩みを抱えている方は参考にしてみてください。

「ナンバーディスプレイ」のオプションサービス「ナンバーリクエスト」

まず、我が家で始めに採用したのが

「ナンバーディスプレイ」のオプションサービス「ナンバーリクエスト」を契約することです。

このサービスを利用すると、非通知で電話をかけてきた相手に対して

「こちら○○○○ です。恐れ入りますが、電話番号の前に186をつけてダイヤルするなど、

あなたの電話番号 を通知しておかけ直しください」

と、「非通知にするなと非通知にするなと!」ということを音声で伝えることができます。

また、相手側に電話番号を通知してかけなおすよう音声案内できる機能がある電話機であれば

非通知でかかってきた電話をとらないようにすることもできます。

契約を検討するときは、お使いの電話機の機能を確認しておくといいですね。

ナンバーディスプレイ+ナンバーリクエストの組み合わせで契約をしましたが

これにより電話機の呼び出し音が鳴らなくなりました、余計な出費が月数百円増えましたが

迷惑電話のストレスからは解放されました。

電話番号を追加する

そして二つ目に追加した対策が

NTTの固定電話を使っている場合、電話番号を二つまで持つことです。

工事費1700円(2021/3月現在)+月100円の利用料金がかかります。

この場合、2回線同時に電話がかかってしまうと後の方が話中になってしまいます。

オプションで2回線単独で使える月200円のサービスを追加すると1台づつに回線を分けることもできます。

今までの電話番号は迷惑電話用、追加した電話番号は親しい人たちに連絡しておきます。

これで徐々に追加した番号を浸透させて元の番号は解約という流れです。

なぜこうしたのかというと、怪しんだ人が数人いたため犯人を特定してやりたい・・・

という目的もあったわけです。

結局、電話番号は変わりますが

どうしても旧に電話番号を変えられない事情もあったのでこうした方法で迷惑電話を解決しました。

電話番号を変える

迷惑電話のために電話番号を変えるなんて

と、腹立たしいのですが

電話番号を変更するのが一番早い解決法です。

ただこの場合、迷惑電話の犯人が近い人だった場合は

電話番号が相手に伝わり迷惑電話が再開されることも考えられますね。

一度、電話番号を変更(解約⇨契約)した場合は

半年間は電話番号の変更を受け付けてもらえません。

ナンバーお知らせ136

このサービスは固定電話から136をかけることで、最後にかかってきた番号を調べられます。

1回30円かかってしまうのと非通知からかかってきた場合はわかりませんが

事前申し込みは不要なので「あれ?いまの何だったっけ?」という場合は利用してみてもいいでしょう。

ひかり電話は電話番号を5つ持てる

ひかり電話を利用している場合は

追加番号サービス「マイナンバー」をオプションで利用することで、

「ひかり電話の契約番号+追加4電話番号」で最大5つの電話番号が持てます。

月額110円/番号

というサービスです。

警察に相談する

残念ながら無言電話や非通知の迷惑電話で警察が動くのは

かなりハードルが高いようですね。

迷惑電話対策のまとめ

非通知からの着信、迷惑電話への効果的な対策法は

ナンバーディスプレイ+ナンバーリクエストの組み合わせがオススメです。

非通知からは着信音もなりませんので精神的ないら立ちは軽減します。

 

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事