スポンサーリンク

自動車で46万円という、信じられない低価格で販売を開始し

テスラを超えるのでは?と自動車業界の話題を集めているのが

中国製の電気自動車

宏光MINIEV です。

たったの45万円で電気自動車が買えるなんて信じられませんが

これが本当の話なんですから

中国恐るべしデスネ

一体どんな車なのか?日本で購入が可能なのか?

調べてみます

宏光MINIEVの航続距離と最高速度

宏光ミニEVの性能スペックは

ベースモデルと中級モデルが実用航続距離が84km

上級グレードでは実用航続距離約119km

最高速も100km/h以上

ということなので、街中の走行や日頃の足として使うには全く問題はなさそうです。

宏光MINIEVの充電時間

宏光MINIEVの充電時間は

実用航続距離84キロのベースモデル、中級モデルが6時間半

実用航続距離119キロの上級モデルが9時間

真夏のエアコン冷房時が心配になるところですが

エアコンを使用したときなどバッテリーにに負荷がかかる状態でも、

航続距離の7割ほどは走行が可能のようです。

中級モデルの場合でもエアコンを使いながら60キロ程度は走行ができるので

片道30キロと考えると、奥さんの買い物の足としては十分に活躍できそうです。

宏光MINIEVはエアコンも装備

もし日本で宏光MINIEVを走らせるとなると

エアコンは必需品ですが、標準で装備されているのかが気になりますが

ベースモデルはエアコンは非装着ですが

中級、上級グレードにはエアコンが標準装備されます。

エアコン付きの電気自動車が60万円

これでも激安ですよね。

宏光MINIEVは4人乗り

宏光MINIEVは4人乗りの電気自動車

ボディサイズは全幅が軽自動車と同じながら

全長は軽自動車よりも40cmほど短いサイズになるようです。

日本の軽自動車は後ろにラゲッジスペースがありますが

宏光MINIEVにはそのスペースが無い、というイメージでしょうか。

街乗りや日常の買い物程度の使用が目的であれば気にする必要もなさそうです。

使い方としては

ラゲッジスペース無の4人乗り、として使用するか

後部座席を倒して2人乗りとして、荷物をたくさん乗せるのか

という使い方が実用的な感じがします。

宏光MINIEVは日本で購入できる?

45万円の電気自動車 宏光MINI EV ですが

日本での販売は予定されているのでしょうか?

現時点での正規販売網についてはわかりませんせした。

輸入を代行しているところから購入することもできるようです

日本での登録の問題や

輸入して販売するといろいろなコストがかかるのか

販売想定額が250万円を超えそうともいわれています。

こうなると、どうなんでしょうね~

もうちょっと頑張って日産 リーフあたり欲しいとも思いますが・・・

宏光MINI EVを日本で購入する方法 まとめ

(車両画像は公式ウェブサイトから引用)

車両価格わずか45万円という激安EVで

中国国内で爆売れ中の電気自動車

宏光MINI EV

中国国内でも数万台のバックオーダーを抱えるほどの

大ヒットしているようですが

日本での正式販売が待たれますが

日本のメーカーにも宏光MINI EVに負けないような低価格で

宏光MINI EVよりも圧倒的な高性能な電気自動車EVを販売して欲しい限りです。

 

 

 

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事