入学祝い、親戚へのお返しはいつ返せばいいの?
スポンサーリンク

4月、入学のシーズンですね。

小学生、中学生、大学と新しい門出を祝い

親戚や知人からお祝いを送られることが多い時期ですが

大切な門出を祝ってくださった方へ、お返しにあたるのが入学内祝いです。

では、入学祝いのお返しを返す時期についてご紹介していきます。

入学内祝いとは?

いただいた入学祝いに対して贈るお返しのことを「入学内祝い」と言います。

「内祝い」とは

先に自分から親戚やご近所へするもので、お返しという意味はありませんでした。

しかし現代では時代の流れとともに、親戚やご近所の人たちに内祝いを贈る慣習が少なくなっており

「内祝い」も「お返し」と同じように扱い、

お祝いをもらったらお返しをする

という人も増えてきました。

冠婚葬祭のルールは地方差が大きいので、近くにいる年上の親戚や上司などに確認するのが無難です。

入学祝いを送る時期

入学祝いを送る時期は「入学式前までに贈るもの」とされています。

入学祝いのお返しを贈る時期

入学祝いのお返しにあたる入学内祝いは

いつ贈るのが失礼にあたらないのか?

一般的には、入学内祝いは入学式の後に贈るといいでしょう。

お祝いをいただいてから、あまり日を空けないのが望ましいので

1カ月以内を目安に入学内祝いを贈るようにしましょう。

入学内祝いの贈り方

入学内祝いを贈る時は

お祝いを頂いたお子さまが直接お礼を言うことが望ましいですが

遠方の場合などは、入学式の写真を同封して贈るようにしましょう。

お子様の直筆の手紙で、お礼状があると相手に気持ちが伝わりやすと思います。

入学祝いのお返し、まとめ

頂いた入学祝いに対してお返しする、入学内祝いですが

入学祝いを贈る時期は「入学前に贈る」

お返しの入学内祝いを贈る時期は「入学式後1カ月以内に贈る」

お礼のごあいさつは「いただいたらすぐに」しましょう。

早めに入学祝いをいただいてもお返しは入学式まで待ちましょう。

「お返しにあたる入学内祝いは必要ない」と考えている地域もあるので

冠婚葬祭のルールは年上の方や上司などにも相談してみるのがベターですね。

 

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事