スポンサーリンク

初めての妊娠、里帰り出産を考えていましたが

コロナ禍で受け入れてくれる病院がなく困っていたなか

札幌市で里帰り出産を受け入れている病院が見つかりました。

その病院は、

札幌みらいクリニック」という札幌市清田区の産婦人科医院です。

コロナ禍での里帰り出産、受け入れてくれる病院探しは思っていた以上に困難でした。

コロナ禍での里帰り出産を考えている方は参考にしてみてください。

コロナ禍での里帰り出産は困難

里帰り出産を考えていても、いまはコロナ禍

新型コロナウイルスの蔓延で、里帰り出産したい妊婦さんを

受け入れてくれる病院探しは非常に困難なのが現状です。

里帰り出産を考えている妊婦さんは早い段階から

里帰り先の病院へ受入してもらえるのかの確認をしておいた方が良いです。

受け入れ先の病院の選び方

出産は人生の一大イベントなので

出産する病院選びは重要視する妊婦さんは多いですよね。

個室が充実している

ディナーを用意してくれる

マタニティアロマやヨガの教室が利用できる

エステが利用できる

ニューボンフォトのサービスがある

など、病院によて用意されるサービスは様々ですが

コロナ禍でサービスを中止している病院が多いので事前に確認しておきましょう。

里帰り先の病院は、妊娠中期までには決めておきたいですが

コロナ禍で受け入れ先の病院選びも大変です。

できるだけ早い段階で病院を決めておくと安心ですね。

里帰りする時期

出産で里帰りする場合、妊娠32~35週の間がベストなようですが

いまはコロナ禍で里帰り先の病院で診察してもらおうとしても

2週間の待機期間を要求してくる病院も多いようです。

もし里帰り先で、2週間の待機期間が終わる前に出血や腹痛があった場合、

どこにも診察してもらえない?とか、たらい回しにされる?とか

想像しただけでも恐ろしいですよね。

できれば早い段階で長期で里帰りをしておくとより安心して出産に望めると思います。

現在通っている病院へは里帰り出産を伝える

いま通ってる病院へは、里帰り出産の意向をきちんと伝えておきましょう。

妊娠中や出産に関しての心配がある場合は、現在の主治医さんから

妊娠経過など、紹介状を書いてもらいましょう。

コロナ禍で立ち会い出産はできない

コロナ禍で、診察・出産時・出産後さえも同行、立ち合いは難しい状況です。

もちろん立ち会い出産を認めてくれる病院も難しいとお思います。

病院によっては認めてくれる場合もある可能性があるので事前に確認しておくといいでしょう。

出産にかかる費用

2021年4月現在、出産育児一時金として42万円支給されます。

出産した時に手持ちの預金等がなくても、出産育児一時金を

病院側に振り込むように手続きしてくれるので事前に手続きしておきましょう。

出産入院費用は病院によって大きく差があるようです

東京都では出産入院費用が60万円ほどになり出産育児一時金で

まかなえなくなるなど社会問題化しています。

里帰り出産する病院が決まったら出産入院費用はきちんと確認しておきましょう。

札幌みらいクリニックの出産入院費用

札幌みらいクリニックでは、

出産時の入院費用は45万円、出産育児一時金が42万円支給されるので

プラス3万円となります。

このコロナ禍で

 マタニティアロマ教室

 マタニティヨガ教室

 産後ヨガ教室

など、楽しみにしていたオプションは中止になっていましたが

欧米でも流行しているニューボーン(新生児)フォトが

出産記念フォトコース(無料)として1枚プレゼントされます。

有料にはなりますが追加のフォトにも対応してくれます。

札幌みらいクリニックの個室料金

コロナ禍なので約1週間の大部屋生活は

母子ともにコロナ感染のリスクを伴います。

そのため個室の利用を決めました。

札幌みらいクリニックでは、

何タイプかの個室が用意されていて利用料金もさほど負担にならない金額でした

個室の利用を検討する方は参考にしてみてください。

【個室の料金】

洋室(トイレ)1日1000円

洋室(トイレ・シャワー)1日2000円

和室(トイレ)1日3000円

和室(トイレ・シャワー)1日4000円

特別洋室(トイレ・シャワー・ソファー)1日5000円

この病院では、大部屋と言っても個室感覚で仕切りのある3人部屋

病院側のコロナ対策も徹底されているので特に個室にこだわる必要もないかもしれません。

コロナ禍の里帰り出産のまとめ

コロナ禍で全てのことが制限されている中、出産を控えた妊婦さんも例外ではありません。

ただでさえ産科・産婦人科医院が少ないなか

札幌で里帰り出産する妊婦さんを受け入れてくれたのが

札幌みらいクリニック さんでした。

ルールを守らない身勝手な行動は、他の妊婦さんや新生児に迷惑をかけ流ことになります。

初診を受ける際は2週間の待機期間をおいてから診察を受けるなど病院側の指示には従いましょう。

ルールを守って健康な赤ちゃんを産んでくださいね。

 

 

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事