スポンサーリンク

50代・60代と筋肉量は年齢とともに低下していきます。

この年代になってもバッキバキとまでは言わなくてもひき締まった体型はカッコいいですよね。

高齢者でも筋トレを行うこと筋肉を増やすことができます。

筋トレを行うことで高齢者でも落ちた筋力を取り戻すこともできるのです。

しかし若い人たちと同じようなトレーニングは無理というもの

そんなことをしてしまっては逆に体を痛めることになりかねません。

どのようなトレーニングが効果的なのか、

トレーニングをする頻度やコツなど、年齢要素を加味した筋トレ方法をご紹介します。

50・60代シニアの筋トレ効果

筋トレをすることで基礎代謝がアップするので健康維持につながるので

50・60代シニア世代にとって筋トレはとても効果的な運動です。

立ったり歩いたりする動作にも筋肉は使われています、

年齢と共に筋肉が衰えると日常生活にも支障がでてきてしまいます。

そうならないためにも筋トレを行うことで筋肉を鍛えておくことはとても重要なのです。

筋トレした後にウォーキング、ジョギングなどの有酸素運動をすると

体脂肪が燃焼しダイエットにも効果が期待できます。

50・60代の筋トレに効果的な食事

バランスのいい食事は筋トレにも効果的、特に筋肉をつけるには

タンパク質をしっかり取ることが重要です。

タンパク質は朝昼夕と3食に分け少しずつとることが大事です

人間はタンパク質をためておくことはできないので一度に多くのタンパク質を摂ることは❌

ダイエットをしている場合は逆効果になってしまいます。

50・60代のタンパク質の1日あたりの推奨摂取量は60g

肉、魚、納豆、豆腐、牛乳、たまごのほか

ご飯、麺類や食パンなど

3食バランスよく食べ、タンパク質が取利ましょう。

50・60代に効果的な筋トレメニュー

自宅でも空いた時間で無理せずできるので

簡単に続けられる50代・60代にオススメの筋トレーメニュを紹介します。

50・60代シニア世代の筋トレ頻度と注意点

50・60代の筋トレは呼吸を止めずゆっくりと無理をしないペースを守ことが大事!

若い人たちと同じメニューを無理して続けることは怪我だけではなく

血圧が急激に上昇してしまう危険も伴います。

50・60代の筋トレは過度な負担をかけないように、ゆっくりと呼吸を止めないように

トレーニングをすることが大事です。

筋トレの頻度は毎日無理をして行うのではなく、週2回など目標を決め

その日の体調に合わせて無理をしないことが長く続けるコツです。

50・60代世代の筋トレまとめ

だれしも加齢による体力の衰えは来るものです。

しかし、体力を維持することはとても重要なこと。

簡単に無理をしないメニューで筋トレを続けながら

歳を重ねても筋力を維持し、健康長寿を目指しましょう!

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事