コロナ禍で結婚式、失礼がない欠席の伝え方と例文マナー
スポンサーリンク

コロナ禍での結婚式、主催側も悩み抜いての開催と思いますが

招待される側もコロナ感染が心配です。

「高齢の両親や祖父母と同居している

「妊娠中なので外出を控えたい」

「自分が感染して家族内クラスターが心配」

など、家族からの反対や家族の感染を考えて結婚式の欠席を検討する人もいるのではないでしょうか。

相手との関係が悪くならない、相手に失礼にならない結婚式の欠席連絡のポイントやマナーをご紹介します。

コロナ禍の結婚式、行きたくない時の断り方

結婚式の欠席連絡はとても悩むと思いますが、

結婚式の欠席を決めた場合はギリギリの連絡や連絡なしのキャンセルだけは絶対にやめましょう。

結婚式は人生最大のビッグイベントのひとつです、止むを得ずの欠席は相手も理解してくれるはず

相手の気持ちに立って欠席の連絡を伝えましょう。

欠席の連絡はできるだけ早く

新郎新婦にとって結婚式の準備は大変な作業です、招待者の欠席は早めに分かればなにかと助かります。

欠席の連絡はできるだけ早く伝えることが大切です。

欠席の連絡は直接伝える

親しい間柄であればあるほど直接電話をかけて、お詫びの気持ちと欠席の意思を伝えましょう。

結婚式は欠席しても「結婚おめでとう」という気持ちは直接伝えたいものです。

招待状の返信ハガキで欠席連絡

招待状の返信ハガキで欠席を伝える場合のポイントとマナー

・「御出席」に二重線を引く、「御欠席」の「欠席」に丸をつける。

・「御欠席」「御住所」「御名前」など「御」に、斜めの二重線を引く。

ここがポイント!

新郎新婦へのメッセージは必ず添えるようにしよう。

出席すると連絡したけど、やっぱり欠席したい

招待状の返信ハガキで出席に丸をつけて返信ハガキを出したけど

諸事情で欠席することになってしまった場合は、

相手にはできる限り早く欠席の旨を連絡しましょう。

電話やメール、連絡方法は色々ありますがお詫びの気持ちは必ず伝えるようにします。

結婚式当日に欠席連絡をする方法

当日になって結婚式を欠席することになった場合

結婚式の当日は新郎新婦は準備に大忙しで携帯電話に触れないことが考えられます。

取り急ぎの連絡は式場に直接欠席の連絡を入れるようにした方がいいでしょう。 

メールやLINEなどでお詫びの連絡を入れておくことも忘れずにしておきましょう。

欠席してもご祝儀は贈ろう

急な欠席になりご祝儀も渡せない、となると後々関係性が悪くなってしまいます。

欠席する場合も出席する場合と同じ額(2~3万円が目安)のご祝儀を包んで贈りましょう。

結婚式当日には祝電を送ってお祝いの気持ちを伝えることも大事ですね。

祝電の例文とマナー

祝電の例文と書き方ですが
祝電には欠席した理由やお詫びの文面をは必要はありませんが
法事などの悲しみ事は縁起が悪いとされるため触れないでおくのがマナーです。

そのまま使える電報一例

「ご結婚おめでとうございます。
結婚式に参加できず、ほんとうに残念です。
これからふたりで愛情いっぱいの明るい家庭を築いてくださいね
これからも末永く、お幸せに!」

失礼がない結婚式欠席のまとめ

コロナ禍での結婚式、失礼のない欠席の方法まとめ

1、欠席の連絡はできるだけ早めに伝える

2、欠席してもご祝儀は贈ろう

3、電報で「結婚おめでとう」を伝えよう

のちのち新郎新婦との関係性が悪くならないようにしておきたい、

「参列はできないけど心から祝福しています」という気持ちを伝えるのが大事ですね。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事