スポンサーリンク

犬のしつけは幼い頃から行うのが理想的ですが
あまり幼い頃から始めてしまうと愛犬は理解できません。

犬のしつけはいつから始め何歳まで大丈夫なのか、
また何から教えてあげればいいのかまとめました。

犬のしつけは何歳から何歳まで?

しつけ何歳から何歳までに、という制限はありませんが

年をとるほどしつけるをするのが難しくなります。

しつけは早めに始めたほうが望ましいのですが

生後2~3ヶ月までの子犬はしつけをしてもまだ理解できません。

そのためしつけは生後2~3ヶ月経ってからがよいといわれています。

愛犬を迎え入れ環境に慣れてきたらすぐにしつけを始めていきましょう。

何からしつければいいの?

しつけは生後2~3ヶ月経ってから教えていきますが

名前は家族として迎え入れたら教えていきましょう。

これだけは教えたい
  • 名前
  • トイレ
  • おすわり、ふせ
  • ハウス
  • 犬の体を触らせる(足やお尻を拭かせる、体を洗わせる、歯磨きなど)
  • 呼び戻し(ステイ:待て、おいで)

名前

名前を決めたら家族が同じ名前で呼びましょう。

◯◯ちゃん、◯◯くん、◯◯、と違う名前で呼んでは困惑してしまいます、

名前を呼んで側に来てくれたらおやつなどのご褒美をあげることで、

反応してくれるようになります。 

トイレ

トイレのしつけは室内犬の場合、避けては通れません。

家の中での粗相も困りますが、トイレのしつけができていないと

ドックカフェにいくのも難しくなります。

トイレは迎え入れたら早めにしつけてあげないと

犬はどこでしても大丈夫なんだと思ってしまいます。

トイレの場所を決めたら変えないように、

必ずペットシートですることを覚えさせます。

トイレは失敗しても怒らず根気強く教えることが大事、

上手にできたら褒めてあげることも大事なことです。。

おすわり、ふせ

おすわりふせは興奮を抑えるための大切なコマンドです。

このコマンドは来客に吠えたりすることを静止する役割もあります。

ハウス

来客があったとき、犬がケージに入っていると安心してお客さんを迎え入れられますし、

お出かけするときなど大人しくゲージに入っていてくれると安心して外出もできます。

万が一、災害があった場合を考えてみてください。

お利口にゲージに入っていてくれると一緒に避難することもできるでしょう、

ひとり置き去りにされたりすることも回避できるかもしれません。

家の人が外出もするときからゲージに入ることを習慣にしておきましょう。

犬の体を触らせる

犬のボディコントロールとは、

飼い主が犬の体を触ったりしても嫌がらない状態をいいます。

ボディコントロールができないと、

・粗相をしてもお尻を拭かせてくれない

・散歩から帰っても足を拭かせてくれない

・お風呂に入らない、体を洗わせてくれない

ことにもなるので、大切なしつけです。

ボディコントロールのやり方

・初めは嫌がらない場所を触ってみる
・耳・足を触る
・鼻先を触る
・尻尾・腰を触る
・仰向けでお腹を触る

触らせてくれたら⇨抵抗せずにじっとさせる⇨ご褒美(おやつ)
できるようになったら、ご褒美の回数を減らしながらしつけていきましょう。

上手くできたら必ず褒めてあげましょう!

やってはいけないこと
力尽くで押さえつけることはやめましょう。

呼び戻し

「おいで」「ステイ(待て)」など呼び戻しを犬にしつけるときは
少しでもできたら毎回必ず褒めてあげます。
犬のしつけで 呼び戻しトレーニングをするときは
おやつが効果的、呼んだら帰ってきた・待てができたら必ずおやつを与えます。
ということを徹底する方法でトレーニングすることも多いです。

犬のしつけ直しはいつまで?

犬のしつけはやり直しができます。
甘やかし過ぎた・・・と諦める必要はありません。
それには飼い主さんのやる気が必要!
とはいえ、
ひどい噛み癖がついた犬はプロの訓練しでも中々難しいようです。
高齢になりすぎた犬やしつけやト体に疾患がある場合も
無理なトレーニングにも耐えられないでしょう。
しつけ直しトレーニングのやり方は子犬と同じです。
今まで良かったものがダメだと教えるのですから根気強く教えます。
成犬=大人なのになぜできないの?と叩いたり怒鳴ったりするのは
しつけではありません、大好きなご主人様にどうして怒られるのか?
と犬も分からなくなってしまいます。
教えたことができたら褒める、ご褒美(おやつ)を与える。
大好きな飼い主さんに褒められるのが一番嬉しいので
教えればそれに応えてくれます、愛情を持って根気強くしつけましょう。

犬のしつけと怒り方

犬のしつけは怒るではなく叱ることが大事です。

犬は人間のように善悪の判断をするのは難しいので

上手くできないからと叩いたりしても効果はありません。

身体に痛みを伴う叱り方は犬に恐怖心を与えるだけです。

「NO!」と叱って犬がそれに従えたら必ず褒めましょう、

叱った後は仲直りをして犬との良好な関係を維持しましょう。

ポイント

叱る・褒めるが大事!

体罰はやる意味がありません。

犬のしつけ事例

ここではしつけの事例動画を紹介します。

 チャイムで吠える犬のしつけ方


吠えるのをやめさせる犬のしつけ方

散歩中の 拾い食い防止トレーニングとしつけ方

引っ張り癖を治すしつけ方

まとめ

犬のしつけ方についてまとめました。

犬も飼い主が喜んでくれるのが一番嬉しいので

答えようと一生懸命取り組んでくれます。

犬は何歳からでもしつけできるので

褒める・ご褒美

を根気強くやっていきましょう。

 

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事