スポンサーリンク

パニック障害という病気を患い

活動を休止したり引退する芸能人のニュースが多いですね。

パニック障害は

「100人に1人」といわれ決して珍しい病気ではありません。

芸能人が相次いで告白する「パニック障害」とはどんな病気なのか。

仕事もできず社会生活もままならない状況で苦しむにもかかわらず

パニック障害などの神経症は原則として障害者認定の対象とならない!

とされているようです。

しかし、障害者手帳を取得できたケースも・・・

障害者認定の取得事例なども紹介していきます。

 

【パニック障害に関する記事】

→人気女優 竹内愛紗、パニック障害治療のため所属事務所退社

→元キンプリ岩橋玄樹パニック障害でグループ脱退 

パニック障害と不安障害

パニック障害

パニック発作といわる症状

激しい不安を突然感じる
心臓の動悸が激しくなる
激しい胸の傷みを感じる
冷や汗や手や顔に多くの汗をかく
呼吸困難になる
恐怖感・不安感を覚える

不安障害

過度な不安を自分自身でコントロールできなくなり
社会生活に支障を生じるようになる状態。

パニック障害になりやすい人

パニック障害になりやすい人

神経質で繊細な人、もともと不安や恐怖心が強い人が多いといわれます。

仕事がきっかけでパニック障害になる

仕事によるストレスは、パニック障害の直接の原因ではないといわれています。

しかしストレスや疲労がたまったりするとパニック障害を誘発することもあるようです。

十分な睡眠や気分転換をとることは大事です。

パニック障害で障害者手帳は取得できるの

パニック障害は原則として障害年金の支給対象ではない。

障害年金支給対象の精神障害
統合失調症、統合失調症型障害及び妄想性障害
気分(感情)障害
症状性を含む器質性精神障害
てんかん
知的障害
発達障害
しかし、精神病の病態を示しているものは、
統合失調症またはそううつ病準じて取り扱うものとされているようです。
パニック障害により精神障害を併発していないか主治医の先生に確認したりと
お役所相手に個人で手続きするのはかなりハードルが高いようです。
そのため弁護士に依頼しスムーズに申請を勝ち取る人も増えているようです。
弁護士に障害者手帳の申請を依頼するメリット!
①難しい申請を丸投げ!失敗を防ぐことができます
②申請から受給までの時間を短縮できる
③弁護士の特権「23条照会」で受給を勝ち取る
障害年金を請求する場合、初診日が重要です。
しかし、何年・何十年とパニック障害を患った場合
その記憶や証拠は残っていない人が多いはずです。
この場合でも、
弁護士は、法律で認められた「23条照会」という調査方法で
病院に残っている記録を調べることができます。
初診日がわからなくても病院に残っている受診記録が判明すれば
年金の受給に成功するケースもあります。
申請を弁護士に頼むことで間違いない手続きを行うことができるのです。

まとめ

パニック障害は、

「このまま死ぬのかも?」と思うほど、強い不安感におそわれる

発症率も100人に1人と高い病です。

しかし

パニック発作は命にかかわるものではない!

パニック障害は治る病気!

治療法も確立しているので「もしかしたら」と感じたら

すぐに専門医の診断を受けてみましょう。

 

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事