【500万円台から】新型ランクルの予約待ちは半年以上!
スポンサーリンク

トヨタ ランドクルーザーが2021年6月10日

14年ぶりにフルモデルチェンジを行うと発表がありました!

中古車市場でも圧倒的な人気のランクルですが

新型ランクル300の価格と気になる納期について調べてみます。

ランクル300の新車価格

フルモデルチェンジするランクル300は

現行のランクル200よりも大幅に値上がりするだろうと予想されます。

ベールグレードは500万円台から用意されているようですが

現行ランクル200のZXがフルオプションで800万円強なので

新型ランクル300は900万前後、ディーゼル車は1000万前後になるとの見方もあります。

ランクル80の最上級モデルが400万だった頃を考えると今では価格が倍に!

もはやベンツ並の高級車、乗る人も選ぶ車になってしまいました。

ランクル300の納期

トヨタ車はディーラーが在庫を持たない販売戦略を取っているため

納車までに2カ月は見ておくのが一般的とされています。

人気車になると「半年待ち」もザラで、

納車まで「2年」もかかったという車種もあります。

 

14年ぶりのフルモデルチェンジで納期が気になるところですが

すでに販売サイドは深刻な納期遅延を想定しているとの噂も・・・

まずは半年待ち以上は覚悟しておかなければダメそうですね。

ランクル300の値引き

ランクルオーナーの間では「値引きはよくて30万

ランクルのデメリット

実はランクルは買って危ない車のランキング上位!

人気車ゆえに盗難されるケースが多い車種でもあります。

今回のモデルチェンジでユーザーが求めている

セキュリティ面の強化はされているのでしょうか。

 

>>【ランクルは危険】盗難車が多い都道府県と車種別ランキング

 

日本損害保険協会の調査では、

2020年の盗難状況でランドクルーザーが1位という状況です。

そのためランクルユーザーは手厚く車両保険に加入しているケースが多いようです。

ランクル300を安く手に入れる方法

トヨタは金利が高い、値引きも最大30万円が限度

といわれ納期の半年待ち以上が濃厚な状況ですが

実は新車を安く購入する方法として注目されているのが

サブディーラーといわれる販売店で

メリットも多い

フルモデルチェンジ直後なので納期はディーラーよりも早く!

というわけにはいかないでしょうが相見積もりは必須でしょう。

まとめ

ランクルユーザーが待ちに待ったフルモデルチェンジ!

新車の納期はかかりそうですが、

新型に乗り換えにでランクル200が多く流出してくはず

「新型は予算が合わない」というひとは

程度の良いランクル200を狙って見るのもありではないでしょうか。

 

 

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事