ほうけいは治る!もう恥ずかしくないメリットとデメリット
スポンサーリンク

ほうけい 治す方法

包茎(ほうけい)だから好きな子の前でアソコをみせるのが恥ずかしい・・・

と、コンプレックスになる必要はないんです。

実は「日本人の7割は包茎

でも、できるものなら治したいと考えてる男性も多いのです。

 包茎(ほうけい)は自分で治せる?

 手術費用に保険が適用される?

聞くに聞けないデリケートな部分を取り上げていきます。

包茎(ほうけい)の違い

ほうけいの見分け方

包茎の見分け方は「剥けるか剥けないか」

包茎は3種類あって、カンタンに説明すると

・勃起したとき、勃起してないときに剥ければ仮性包茎

・剥いたときに亀頭や陰茎が締めつけられるのはカントン包茎

・どんなときも剥けないのは真性包茎

包茎(ほうけい)を 治す方法

ほうけいは自分で治すことができる

仮性包茎は第二次成長期(通常11歳後半~)前であれば

自力で治す余地はありますが、大人になってからは難しいです。

カントン包茎、真性包茎は治療(手術)が必要です。

ほうけいにステロイド軟膏は有効

子どもの包茎治療では

ステロイド軟膏を塗ることで包茎が改善することが多くなってるようです。

包茎(ほうけい)は男性の何割?

成人男性の約7割は仮性包茎といわれています。

仮性包茎は日常生活に支障がなく手術をしなくてもいい包茎です。

包茎(ほうけい)のメリットとデメリット

ほうけいのメリットとデメリット

仮性包茎のデメリットは多く

・常に清潔にしていないとクサイ

・セックスをするときスムースに挿入できない時がある

・アソコが短小

・公衆浴場で視線が気になる

・アソコに自信が持てない

ほうけいの芸人

しかし、ほうけいをメリットとしてネタにしている芸人も多く

こんな人気芸人も自らの包茎をネタにして笑い飛ばしています。

・ザキヤマ

・見取り図 盛山

・霜降り明星 粗品

・ナイナイ 岡村と矢部

・くりぃむしちゅー 上田晋也

包茎(ほうけい)手術は保険適用される

仮性包茎は保険を適用できませんが

真性包茎などの手術は保険適応となるので医療機関に相談してみましょう。

包茎(ほうけい)は治る まとめ

ほうけいの種類は3種類

仮性包茎 自費治療 保険適応外
真性包茎 診察が必要 保険適応(要診察)
カントン包茎 診察が必要 保険適応(要診察)

仮性包茎は手術の必要がない包茎なので

包茎手術は自費治療となり、治療費の例は8~10万円と様々で

術後の傷跡を目立たなくしたい

包茎手術の違和感が心配

絶対に女性にバレたくない

包茎手術と一緒にペニスを大きくしたい

というかたは、一度相談してみてはどうでしょう。



スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事