スポンサーリンク

新型コロナウイルス対策で一年中マスクをつけるのが当たり前になっていますが

夏の時期は子供だけではなく大人でもマスク着用により熱中症のリスクが!

マスクをつけいた生徒が体育の授業中に死亡した例も報告されています。

マスクを着用しコロナ対策をしながら熱中症にもならないようにするには

どうしていけばいいのでしょうか。

マスク 子供 熱中症対策

マスク着用で熱中症のリスクが高まる

マスクを着用すると口の周りの温度が

5~10°上昇

するといわれています。

暑い日のマスク着用は、熱中症のリスクが高まるので

水分を摂るなどの「熱中症予防」と

屋外で人と十分な距離がとれる場合はマスクを外して

マスク換気を行いましょう。

マスク着用での体育の授業は要注意

マスクを着用してジョギングをするは

呼吸障害を起こしやすいので、

気温が上がり、湿度が高くなる時は

熱中症が発生してしまうリスクが指摘されています。

「今日は何の授業があるの?」と

お子さんとコミュニケーションをとることは重要です。

子供はどうしても無理をしてしまうので

子供の体調を見ながら学校と授業への参加や見学を相談することも必要です。

マスクを着用しての熱中症対策、まとめ

夏はただでさえも熱中症になるリスクが高まります。

コロナの感染防止対策でマスクをしている場合は、

さらにリスクが高くなるので、この3つに気をつけてみましょう!

 

激しい運動は避ける

こまめに水分を補給する

人と十分な距離を取りマスクを外す

 

マスクでも夏用に冷感タイプや呼吸がしやすいマスクなど

各社いろいろ開発が進んでいるので不織布マスク以外で

運動用マスクなど、使い分けをしてみるのもおススメです!

 

 

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事