スポンサーリンク

第2種あと施工アンカー施工士試験を受験してみました

コロナの影響もあり講習会は無くなりましたが

その代わりネットで動画を視聴する形式でのeラーニング講習があり

逆に、空いた時間でわからないところは何度も見直すことができるので

こちらの方が受験生にとってはいいのではないかと思いました。

これから第2種あと施工アンカー施工士試験の取得を目指す方に

第2種あと施工アンカー施工士試験を受験した感想をお伝えしてします。

あと施工アンカー施工士

あと施工アンカー施工士試験とは

あと施工アンカー施工士は

日本建築あと施工アンカー協会(JCAA)が実施している資格試験で、

第1種施工士と第2種施工士に分類されます。

アンカー工事を適切に施工、管理する技術能力を持つという証明となるので

昨今、アンカー工事の施工不良による事故が増えているので

工事現場での信頼性は大きく、今後ニーズは増えてきそうなので受験する人が増えている資格です。

第2種あと施工アンカー施工士の受験資格

受験資格も第2種では

中学校卒業者及び中学校卒業者と同等以上の学力を有すると技術者審査委員会が認めた者で、年齢15歳以上の者

となっており

通年は講習会を受講したことも条件になっているようですが

今回はeラーニング講習をきちんと受講した確認がされました。

動画を視聴したフリはできないので見たフリはできないようになっていました。

第2種あと施工アンカー施工士試験の難易度

では実際に受験してみた感想ですが

問題数は全部で44問

○❌問題が38問

二者択一式問題が6問

はっきりって簡単です!

普段きちんとアンカーの施工をしている人であれば

落ちることはないのではないでしょうか

基本的な問題ばかりなので、テキストの練習問題だけをみておけば

試験の困ることはないとお思いますね。

まとめ

あと施工アンカー施工士は今後現場でのニーズが高まってくる資格で

有資格者は現場や客先の信頼も高くなると思います。

試験の難易度も低く取得しやすいのでオススメです。

 

 

 

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事